【栃木】スレート屋根・カバー工法など屋根リフォームの基礎知識

建築板金神山

028-667-4151

〒321-3235 栃木県宇都宮市鐺山町1713-2

受付時間 : 8:00~18:00 (日曜定休)

lv

【栃木】スレート屋根・カバー工法など屋根リフォームの基礎知識

【栃木】スレート屋根・カバー工法など屋根リフォームの基礎知識

栃木での新築時・リフォーム時・屋根の張り替え時に気をつけなければならないのが、「屋根材に何を選ぶか」ということです。屋根材にはたくさんの種類があり、それぞれ性能やコスト、メリット・デメリットが異なります。スレート屋根、金属屋根、セメント系屋根といった、自分が住む家に相応しい屋根材はどれなのか、何を基準にして選べばよいのかという点は慎重に考えなければなりません。

そこで、屋根の役割と屋根材に使われる材料の種類を紹介しつつ、実際に屋根材を選ぶときにポイントについて栃木の建築板金神山が屋根リフォームの基礎知識をお話いたします。葺き替え工法やカバー工法などに対応するため、栃木で屋根リフォーム・メンテナンスのご相談はお気軽にどうぞ。

意外に知らない?スレート屋根や金属屋根の役割とは

茶色の三角屋根の外観

そもそも「屋根」にはどんな役割があるのでしょうか。

雨対策

屋根には雨を防ぐ役割があります。雨漏りをそのままにしておくと、木が腐り、家屋全体の腐食にもつながります。雨の多い日本においては、とりわけ屋根の重要性は高くなっています。

風対策

風を防ぐには、壁だけでなく頭上の屋根も必要です。雨と同様に日本では台風が多いので風対策として屋根は必須です。

日差し対策

屋根があることで太陽の日差しを防ぎ、室内の気温上昇を抑えます。逆に冬は、屋根があることによって室内の温度を逃がさないという役割を果たします。

落下物対策

屋根があることで、天災・人災によるさまざまな落下物を防ぐことができます。

地震対策

近年ではスレート屋根のように、地震の被害を抑えるための軽量化された屋根が増えてきています。地震の被害を想定した屋根づくりというものが考えられ始めています。

屋根に使われる材質にはどんなものがある?

茶色の屋根の一部

屋根材の種類は、大きく分けて「粘土系」「セメント系」「スレート系」「金属系」の4つがあります。

粘土系

粘土の焼き物を屋根材とします。日本瓦がその典型ですが、耐久性・耐熱性が優れているのが特徴です。重量があるので地震には弱いというデメリットがあります。

セメント系

セメントと砂を混ぜて作られた屋根材です。耐久性が高く、日本瓦よりもコストがかからないというメリットがあります。セメントを使っているため、経年劣化が進むと割れやすくなります。また、日本瓦に比べるとコケやカビが生えやすくなります。

スレート系

セメントと繊維材料を混ぜて作られた薄型の屋根材です。非常に軽量で、耐火性・断熱性に優れており、近年最も普及している屋根材です。カラーやデザインが豊富である点もスレート屋根のメリットです。

金属系

トタンを材料とした屋根材です。軽量で非常に安価ですが、耐久性がなく、雨によってサビが発生しやすいというデメリットがあります。

屋根材を選ぶポイントは?

では、何を基準にして屋根材を選ぶべきなのでしょうか。耐久性や耐震性以外にも、屋根選びのポイントは多くあります。

耐久性

その屋根材がどれだけの耐久性があり、どれだけの年数を保つことができるかという点は極めて重要です。‎スレート屋根の寿命は15年~25年、粘土系瓦は50~100年とされています。

耐震性

日本瓦といった粘度系の屋根材の重量が重いものは、地震に対しては不利です。耐震性という面では、軽量な屋根材を考えることも大切です。スレート屋根は軽量かつ耐震性にも優れており、近年では最も普及しています。

遮音性

雨音などが気になるという場合、遮音性の優れた屋根材を選ぶこともできます。近年は、リフォームの際に防音性能を加味した屋根材が選ばれることも多いです。

デザイン

家屋は外観の良し悪しも重要です。トタン屋根などはやはり見栄えが悪く、貧相に見えます。デザインや色の豊富さという点ではスレート屋根が優れています。日本的な趣という点では日本瓦も魅力的です。

コスト

葺き替え工法やカバー工法といった施工方法はもちろん、屋根材によって工事費用とメンテナンスまでの年数は大きく変わります。この点も考慮する必要があります。

雪対策

最近は、雪止めが要らない屋根材も出てきています。例えば、ディプロマットと呼ばれる屋根材には、天然石が吹き付けられていて、ザラザラした質感によって雪の滑り止め効果を発揮します。

栃木で屋根リフォームならカバー工法などに対応する建築板金神山へ

屋根の張り替えやリフォーム、メンテナンスの際に、何を優先して屋根材を選ぶかはそれぞれの地域の特色や気候の違いによっても異なります。台風の多い地域、雪の多い地域、気温の高さと低さなど、その地域に合わせた屋根材選びというもの重要になってきます。建築板金神山ではスレートや金属などより詳しくご説明・ご提案が可能です。

同じ栃木県内であっても、すべての地域が同じ環境、同じ気候になるということはありません。お住まいの地域の特色を踏まえたうえで、性能的にも、コスト的にも、デザイン的にもベストの屋根材を選ぶようにしましょう。栃木で安全な屋根選びをするなら、どうぞ建築板金神山へご依頼ください。葺き替え工法やカバー工法などから、ご依頼に合わせてリフォームプランをご提案いたします。栃木で屋根のメンテナンスをお考えならお気軽にご相談ください。

栃木でスレート屋根など建物の修理をお考えなら

店舗名 建築板金神山
代表者 神山 克一
住所 〒321-3235 栃木県宇都宮市鐺山町1713−2
電話番号 028-667-4151
URL https://k-kamiyama.info/
営業時間 9:00~18:00
電話受付時間 8:00~18:00
定休日 日曜日
事業内容 建築板金

TOP