【栃木】雨樋修理の前知識・雨樋の役割や修理方法と見積もりなど修理依頼の流れ

建築板金神山

028-667-4151

〒321-3235 栃木県宇都宮市鐺山町1713-2

受付時間 : 8:00~18:00 (日曜定休)

lv

【栃木】雨樋修理の前知識・雨樋の役割や修理方法と見積もりなど修理依頼の流れ

【栃木】雨樋修理の前知識・雨樋の役割や修理方法と見積もりなど雨樋修理依頼の流れとは?

栃木県内で雨樋修理を検討している場合は、屋根修理を専門にしている修理業者に問い合わせるのがおすすめです。一口に屋根といっても素材や工法によって最適な修理が変わってくるためです。修理業者と打ち合わせを行う前には、自分自身でも雨樋などについて基本的な知識を持っておくと、提出された見積もりの内訳などを把握することができます。

ここでは、雨樋についての基本情報や修理方法などを説明した後、見積もりを依頼する際の流れについても詳しくご紹介いたします。栃木で雨樋修理を検討している方は、ぜひご一読ください。
屋根の専門業者である建築板金神山では、雨樋修理のご用命も承っております。雨樋についてのお悩みや修理のご相談、お見積りの依頼などお気軽にお問い合わせください。

雨樋の役割とは?

しっかり固定された雨樋

近年では雨樋がない住宅も見受けられるようになりましたが、実は雨樋は雨漏りを防ぐ重要な部位なのです。雨が降ると屋根を伝って雨水が下へ落ちていきます。雨樋がない家では滝のように屋根からそのまま雨水が落ち、跳ね返った雨水が地面や外壁を濡らします。

外壁が濡れる時間が長くなり、壁材の劣化や腐食を引きおこしやすくなります。劣化や腐食した外壁はさらに雨が染み込みやすくなり、雨漏りなどにもつながりますし、腐食がひどくなると地震で倒壊する恐れもあります。

雨樋があれば屋根からの雨水をいったん受け止めため、外壁などへの跳ね返りを抑えられます。さらに排水場所が一か所にまとまるので、側溝などへ誘導することができるのです。このように、雨樋は住宅の安全を守るために重要な役割があるのです。

雨樋修理の方法は?

雨水が漏れないよう取り付けられた雨樋

栃木の雨樋修理業者に修理依頼をする前に、雨樋の修理方法についても知っておくことをおすすめします。雨樋の修理には部分補修、部分交換、全交換の3通りがあります。部分補修は接続部のゆるみや小さなひび・穴などが見られる場合に行われ、接着剤やテープで補修します。

雨樋が傾いてしまった場合や金具が劣化して雨樋を支えられない場合、雨樋の一部が破損している場合などは部分交換で対応します。部分交換するべき箇所が多い、あるいは15年以上使われている雨樋であれば、全交換がおすすめです。

劣化や破損などの状況によって部分修理になるのか全交換になるのかは、業者の判断によります。部分修理よりも耐用年数などを考えると全交換の方が長い目ではお得になる場合もあります。

栃木の雨樋修理業者に見積もり依頼をする流れ

見積もり依頼を雨樋修理業者にすると、まずは現地調査から行います。雨樋の修理が必要な箇所を探し、既に破損している箇所と併せて見積もり明細を作成します。その際に部分修理を行うのか全交換をするのかなどの提案も行います。

修理方法が決まった後、必要な物品をまとめて再度見積もりを作成します。依頼者には見積もりの⑥内容についてわかりやすく説明を行い、依頼者の承諾を得た後工事にとりかかります。もちろん、施工する前に担当者が工事⑥内容を詳しく説明いたします。相場を知りたいときは、栃木にある複数の雨樋修理業者に見積もり依頼をし、比較してみてもいいでしょう。

栃木の雨樋修理業者をお探しなら建築板金神山まで

雨樋は屋根からの雨水を受け止め、一か所に集めて排水することで、外壁などを守る役目があります。雨樋が破損や腐食してしまうと壁に雨水が侵入してしまい、壁の劣化や家の倒壊などにつながる恐れがありますので、早い段階で修理することをおすすめします。

栃木の雨樋修理業者の選定では、見積もりの内訳や工事の⑥内容などをわかりやすく説明できる業者を選びましょう。栃木の雨樋修理業者をお探しなら、ぜひ建築板金神山までお問い合わせください。

栃木で雨樋修理を検討されているなら専門業者へ

店舗名 建築板金神山
代表者 神山 克一
住所 〒321-3235 栃木県宇都宮市鐺山町1713−2
電話番号 028-667-4151
URL https://k-kamiyama.info/
営業時間 9:00~18:00
電話受付時間 8:00~18:00
定休日 日曜日
事業内容 建築板金

TOP